現代で演劇を上演させるのに必要な事があります。それはお稽古です。それもある一定期間以上(大抵は1ヵ月位)に渡って行われます。それが多いみたいですね。また大抵の演劇の上演時間と言うのは、短いと言います。※長ければ3時間以上ある事もあります。※休憩時間が間に入ることも珍しくありません。そんな長い時間の演劇を上演しなくてはいけません。ですから、稽古をしっかり行います。そして、身体にセリフ、動き、他の役者との絡みなどを叩き込んでいきます。このようにして覚える必要があると言えます。(汗)歌舞伎などの場合は台詞とか動きが決まっていると言ってもこともあります。また、小さいことからの稽古で身体に染み付いていると言うこともあります。稽古自体は数日あれば良いみたいで現代劇と比べればかなり短いと言えます。※現代演劇には、演出家がいます。しかし、歌舞伎にはいません。これも特徴的です。あと何かしらのハプニングがあったりもします。そうすると、まるで「生き物」のような感じませんか。また上演中でも、観客の反応に応じて演技が変わることもあります。またダメ出しをくらったりすることもあると言います。(汗)こうした楽しみ方ができるのも正に生きている演劇だからだと思います。※演劇では、開演日を「初日」、最終日を「千秋楽」と言う呼び方をします。※真ん中の「中日」には、スタッフや俳優陣達が皆の労を労う機会もあります。

関連ページ