学生やアルバイトでも利用できるローンの種類とは?

アルバイトや学生でも使えるローンの多くは、使い道が限定されていないフリーローンです。
例えば教育ローンならば、教育に関する学費や入学金、進学を目的に一人暮らしを始める時に必要なお金として使います。
この他、自動車ローンも目的別ローンといえます。
アルバイトや学生専用のローンというよりは一定の基準を満たしていれば学生でも利用できるローンが多くあるといった印象があります。
未成年や収入が不安定な人は、申込みをしてもローンを受けることはできません。
これらの条件が満たされていればアルバイトでも審査に通ります。
保証人が求められることはありません。
審査をパスした人だけがローンを使えますので、まず審査の手続きが必要になります。
審査の基準は会社によって異なりますが、過去にローンの返済で問題はなかったか、今借入中のローンはないかなどがチェックされます。
2010年6月の法改正により自動車ローンや住宅ローン、銀行系のカードローン以外の新たな融資は年収の3分の1までとなりました。
新しくローンを組もうとしても、借入希望額が現在のローン利用額と合わせて年収の三分の一より大きければ、審査に通りません。
収入の三分の一より多い金額をローンで借りようとすると、アルバイトとして収入が一定額入っていたとしても、審査をパスしないことがあります。
アルバイトや学生だけでなくローンの問題は一般的に多発していると考えられます。
みずほ銀行カードローン審査厳しい?金利を調査【借り換えにおすすめ?】